FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリーのアトリエ・2

夢を見ていた。

イングリド先生に、このままでは卒業できないと言われた。

そこで、特別な試験を受けることを課された。

店を一件とわずかな銀貨をもらい、5年間で何か一つ自分が作った作品を持って行く。
その作品で能力を判断するらしい。

イングリド先生に睨まれながら、マリーは目覚めた。

「・・・夢かぁ。参ったなぁ」

起きてすぐ、シアが来た。マリーの親友だ。お店の開店祝いに来たらしい。どこか呑気な娘だ。

会話の内容から察するに、シアは昔から体が弱いらしい。これに関するイベントもありそうだ。(深読み)

最後に『飛翔亭』というお店を紹介してくれた。そこで仕事を請け負うのがいいと言うのだ。

さっそくマリーは行ってみる事にする。




飛翔亭に入ると、いきなり誰かにぶつかった。

若い男の人で、冒険者だった。名前はルーウェンという。

「ご用があったらよろしく!」

と言ってさわやかに去っていった。




さて、飛翔亭の親父さんに話しかけると、

「何の用だ?」

と言って、

・依頼を聞く
・うわさ話

の二つが出てきた。

とりあえず依頼を聞いてみる。

1つだけすぐに依頼を達成した。そして報酬をもらった。嬉しかった。(笑)

ここでは銀貨の他に、名声値と経験値も上がるらしい。

次はうわさ話だ。一つにつき銀貨100枚だ。と言われた。

少々お高いが、気になるので聞いてみる事にする。

「依頼の報酬が銀貨じゃなくて別の品になることもある。たまに、だけどな」

・・・・つまんねえ。金返せ。

でも、知識が10上がった。良しとすべきか?

次に武器屋に行ってみた。

ごついオヤジさんが出てきた。

何となく、棒読みだった。

マリーの装備を整えることにした。お金は3000枚あるのだからまぁいいだろう。

武器の方は、今持っているものとメチャクチャ高い者の二つしかないので買えなかった。
防具の方は、どちらも安いのだが、あえて少し高めの「皮よろい」を選ぶことにする。

次にアカデミーに行った。

額を見てみた。成績が載っていた。『主席、クライス』マリーは最下位・・・とほほ

そのすぐ近くにある扉を見ると、図書館らしいのだが、不思議な力で閉ざされているらしい。

いかにも錬金術って感じですねェ^^

お姉さんがいたので話しかけた。美人だった。

「ここでは、アカデミーで必要な物はほとんど揃うわ」

との言葉通り、本当に色々なものが手に入る。お金があれば。

私はマリーは経験済みで、ある程度の知識は持っているつもりだ。

なので、自己流に現時点で必要な物をチョイスしてみる。

機材:かご、乳鉢、ろ過機、遠心分離機
参考書:初等錬金術講座

以上です。

お城に行ってみた。入れなかった。

「この先は謁見室だ。許可が下りていない者をこの先へ通すわけにはいかない。帰りなさい」

冷たい人・・・(涙)





ここで、ちょっと迷いました。

一人しかいないので、近くの森くらいならいけるけど、今持っているわずかな材料を使って錬金術をして日数が経ってから酒場に行き、仲間を作るべきか・・・

でも、やっぱり今は色々買ってしまってお金がないから、近くの森で1人で採取が一番いいかな、と思い、採取することにしました。

さて、結果はどうなったでしょう?次回のお楽しみです。(笑)




マリーのアトリエ ザールブルグの錬金術士マリーのアトリエ ザールブルグの錬金術士
(1997/05/23)
PlayStation

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゲームいのち

Author:ゲームいのち
このブログは、ゲームの感想を書いたブログです。
色々な種類のゲームを持っていますので、楽しく見てやってくださいね^^

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。